ファクタリング

経営者の方、今中小企業を中心に人気が高まっている資金調達方法をご存知ですか?
一般的に事業を行っている者が資金繰りをするときは主にノンバンクや銀行からの借入となると思います。銀行などからの借入は、経営状態が重視となりますが、ファクタリングは融資ではありませんので売掛債権さえあれば審査に通りやすく担保も不要なことから近年、借金に頼らず事業資金を調達できる手段として急速に広まってきています。

資金繰りに困っている経営者が銀行などに融資を申し込んでも、審査に時間もかかりますし厳しい審査で融資が受けられないことも考えられます。
このような経営者は、売掛金があれば申し込みができスピーディーに現金化できるファクタリング会社を利用する方が賢い資金調達となります。
手元資金が不足し、急な資金調達が必要で銀行から資金提供受けれない事業主でも利用できますが、ファクタリングを利用した場合のメリットデメリットがありますので、それらを紹介していきますのでファクタリングのご利用の参考としてください。

倒産を回避するためにも、ファクタリングの活用を検討してみませんか?

ファクタリングの種類
ご存知ですか?ファクタリングには大きく分けて「医療ファクタリング」「保証ファクタリング」「国際ファクタリング」「一括ファクタリング」の4つがあります。
さらに、今回紹介している一括ファクタリングには2社間、3社間の方法がありますのでそれぞれの特徴を知っておきましょう。

3社間ファクタリングは、
アナタの会社、ファクタリング会社、売掛先の企業が絡むファクタリングとなります。
3者合意のもとで契約となりますので資料の作成、合意までの時間が掛かってしまうこともあります。
また、取引先からの承諾を得た上で行うのでリスクが低くなるため売掛金の買取金額が高くなる、手数料が2社間ファクタリングよりも低くなっているといった特徴があります。

2社間ファクタリングは、
売掛先(取引先)を介さずに、アナタの会社とファクタリング会社だけでやりとりする方法となります。
2社間は、売掛先には連絡せずにファクタリングの利用が可能なことから、少しでも早く売掛債権を現金化したい場合に使われることが多いです。
売掛先には連絡をしないことから、売掛先に売掛債権売却を知られることがにといったメリットもあります。

メリット
メリットは、取引先に知られずに利用できる(2社間ファクタリングの場合)こと、現金化のスピードが速い、融資ではないので信用情報に影響がない、担保・保証人が不要、取引先が倒産してもお客様にリスクがないことなどです。

資金調達・売掛債権を買い取り

会社によって手数料となる掛け目の率が異なります。急ぐ気持ちも十分に理解できますが、しっかりと売掛金を期日前に買取って現金調達するファクタリング会社を比較するようにしましょう。
※売掛金があっても希望にそえない場合もあります。

JTCのファクタリング
2社間・3社間の両方に対応しています。特記すべきは資本金から判断すると規模の大きい信頼性が高い会社といえます。名古屋の会社ですが全国から申し込みは可能になっていますが、審査の対象となるのは法人限定なっていますので個人事業主の方は申し込みができません。

三共サービス ファクタリング
多くの実績を持つ一流業者だけでなく業界最安値の手数料で評判になっているファクタリング会社が三共サービスです。
入金スピードも最短2日と早いだけでなく、経営に関する無料相談も電話・ウェブ上で行なっているため、おすすめの会社です。取扱ファクタリングは、2社間取引・3社間取引・医療報酬・介護報酬となります。

トップ・マネジメント
2社間・3社間のファクタリングを取り扱っていますが、注目すべき点は個人事業主も対応となっているところです。
ですが、中には悪い噂もあるようなので、どうしてもトップマネジメントを使いたい方以外は、念のために他社を検討してみるのが良いと思います。

資金調達プロ
資金調達プロは、ファクタリングだけでなく借入先を紹介してくれる会社となります。提携事業者数も多く全国に対応していますが、何故かやたらとビジネスローンを進めてくると言った噂もあります…。
申し込み先をご自身で決断できない方は、相談・問い合わせは24時間受付中なので相談してみてはどうでしょうか。

注意点

まだ未回収の売掛金を、ファクタリング会社が買い取るサービスは、便利で違法ではありませんが中には法定利息の何十倍もの金利、手数料を請求する悪質な業者もいると報告もありますので、ご注意してください。
ファクタリングを装い甘い言葉で融資を提案してくるヤミ金融に騙されないようにしましょう。

デメリット
ファクタリングは中小零細企業にとって、一時的な資金の調達方法としてはメリットが多く強い味方となる取引のひとつですが、利用するには以下の注意も必要です。

1)手数料
依頼された事業主の方は手数料を引いた金額を支払いとなりますが、手数料が高いといったデメリットも存在します。
手数料が高いとなると見込んでいた金額より回収できる資金が目減りしてしまいます。

2)信用問題
2社間ファクタリングの場合、取引先に知られる可能性は低いですが、3社間ファクタリングの場合、取引先会社に通知されることになります。このことから経営が危ないのではというイメージを持たれてしまい信用を失うことにかねません。

主に以上のようなデメリットがありますが、他にも売掛債権の2重譲渡の帽子のために、債権譲渡登記手続きが必要(利用前に確認)になるケースもあります。
こういったデメリットもよく考慮し、納得のいく判断をして利用するようにしましょう。

まとめ
インターネットの普及に伴い、非常に便利な世の中になりました。このネットの発展がビジネスシーンでも大きな活躍・利便性の向上をもたらすのは間違いありません。経営者の方は、通常のビジネスローンの利用もいいですが、事業を行う上で別の資金調達方法としてファクタリングを知っておくといいでしょう。
特に銀行からの借入が厳しい経営者の方、赤字や滞納があっても売掛金の信頼性が高ければ問題無く利用できるので、ファクタリング会社は資金繰りの支援が受けられ末永く付き合えるパートナーとして頼れる存在になる事は間違いありません。

もし、実際にファクタリングを利用する時は、2社間か3社間か、手数料、どこのファクタリング会社に依頼するかを事前にリサーチして特徴を理解しておくよう心がけましょう。
コストパフォーマンス・信頼性に優れた業者を見つける事が大きな鍵となります。

消費者金融 - 各種口コミ比較

期間無利息キャッシング
キャッシングの一定期間、無利息サービス商品をお探しの方へ、初めてご利用の方にも安心してお借り入れできるイチオシのカードローン会社を比較、一覧にまとめて紹介しています!一定期間となりますが、金利が0円で借りれるので短期で借入の場合にピッタリです。ネットからの都合の良い時に申し込みで利用できます。

ご利用限度額で選ぶ
最大限度額が大きい銀行・ローン会社の案件特集ページとなります。融資限度額で消費者金融を選びたい、借り換えローン・おまとめローンをご検討の方にもおススメです!大口の金額を利用することになりますので、低金利で借入ができるメリットがありますが金額が大きい分、審査が厳しくなる傾向があります。

レディースローン
女性の方をを対象とした専門ローンで、レディースローンを担当するスタッフも女性となっており、契約時の受付、電話相談、申し込み審査から融資完結まで女性スタッフが対応してくれるため、初めてお金を借りる不安な女性の方でも安心して借りることができます。金利などの貸付条件は通常のフリーローンと変わらないところが多いです。

低金利で選ぶ
キャッシングを利用するなら低金利がいいのは当然ですよね。でも、実際にどこの商品を選ぶか困りますよね?そんなあなたにピッタリの、銀行〜消費者金融まで低金利で選ぶ借り入れ先をご紹介します!低金利カードローンは、多額の借入をする場合や長期間での借入れをする時、特に効果的に返済額を低く抑えられる事ができます。

サイトのご利用について
契約内容をよくご確認ください。収入と支出のバランスを大切に。無理のない返済計画を。

金融データバンク

キャッシングをする前に

消費者金融一覧表

教育ローン

ビジネスローン

不動産ローン、住宅ローン

各種比較

ランキングサイト

- mono space -