住宅ローン審査比較

人生の中で一番大きな買い物といっても過言ではない住宅を購入するには、良い物件を購入できるかも大事ですが購入するのに大きな金額が必要になりますので購入金額を一括で支払える方はほとんどいないのではにでしょうか。
マイホームを購入する時に、一生懸命に貯めた貯金を頭金にして残りはローンを組む場合が大半だと思います。
そこで気になるのが、住宅ローンについてだと思います。現在では低金利と多様化によって各金融機関から魅力あるローンが多く登場しています。

たくさんある住宅ローンの中から比較して選んで、住宅ローンを契約する時に、知っておきたいポイントがあります。そのポイントを知っておけば、賢く住宅ローンを組むことができると思いますので、住宅ローンの利用を考えている方はこちらのWEBページで紹介しているポイントをしっかりと頭に入れておきましょう。
インターネットでカンタンにチェックできるので便利な時代になりましたよね。

新規に借入ができるだけでなありません!借り換えにも!
選んだ住宅ローンで損をしていませんか?
金利が0.1%違うだけでも、かなりの金額が変わってきます。現在契約している住宅ローンを借り換えで返済総支払額を減らしていくことも可能になります。

借り換え、低金利の今がおすすめ

住宅ローンの審査について気になっている人は多いのではないでしょうか。借りる前に各社の貸付条件などを比較して把握しておくことが大切です。
事前に確認したうえで、計画的に申し込む準備を進めていきましょう。

ARUHI住宅ローン
豊富なラインナップが何よりも魅力的!ARUHI住宅ローンでは、さまざまな住宅ローンを取り扱っていますが、中でも特にオススメなのが、《フラット35》業界最低水準の金利!人気・内容共に、トップクラスと言えます。来店相談のご予約をWebで24時間365日承っております。
フラット35での借入を検討しているなら、ARUHIは断然おすすめです。

楽天銀行住宅ローン
土日も夜10時まで相談可能。業界最低水準のフラット35をはじめ低金利の商品をご提供!フラット35の貸し出しにおいて高いシェアで、手数料も安く非常におすすめの住宅ローンです。他の住宅ローンからの借り換えにも利用が可能です。
楽天銀行の住宅ローンの特徴は、相談窓口としてSkypeでビデオ通話しながら住宅ローンの相談をすることができます。また、楽天銀行口座を返済口座に指定すると金利引き下げの適用が受けられます。

新生銀行住宅ローン
新生銀行の住宅ローンは、お借り換えの方も、新規借り入れの方も、諸費用がおトクでサービスの質は高いランキングでも常に上位に入る人気の今注目の商品です。
金利と諸費用などのコストが低く、支払総額が安く抑えられますし、借入後もしっかりと完済までサポートしてくれるので理想的な住宅ローンとなっています。

注意点

住宅ローンと言っても、その種類は様々です。まずは、それぞれの金利タイプの仕組みやメリット・デメリットを把握しておこう!

住宅ローンを選ぶ上で重要な一つとなるのが金利ですが、大きく分けて「固定金利タイプ」「変動金利タイプ(固定金利期間選択型)(変動金利型)」3つの金利があります。
それぞれに特徴があるので、住宅ローンを利用するときはご自身に合っている金利を選択する必要があります。
知らないで契約してしまうと、大きな損をしてしまうかもしれません。

1)固定金利タイプ
全期間固定金利型は、金利が変わらないタイプのプランになりますので、もし将来的に金利が上昇しても、返済額が変わらないため安心感があるといった特徴があります。

2)変動金利タイプ(固定金利期間選択型)
固定金利期間選択型は、2年、5年、10年、20年、25年など固定金利の期間を選択できるプランの商品となっています。決められた期間は利率の変更ができなくなっています。
変動金利タイプ(変動金利型)と比べると期間中は金利が上昇しても金利は変わらないため返済リスクを軽減することができます。

3)変動金利タイプ(変動金利型)
市場の金利が上昇すれば同じように金利が上がり、市場の金利が下がれば金利も下がるタイプのプランとなります。景気の動向に左右されますので、金利が上昇すれば、返済額も増加することになることから注意が必要になります。
反面、金利が下がれば返済額も少なくなるといったメリットがあります。

※金利上昇リスクをゼロにしたいという人であればフラット35が一番の選択肢ではないでしょうか。

大事なのは金利だけではない!
多くの方が住宅ローンを選ぶ際の決め手の1位は「金利の低さ」だとおもいますが、表面上の金利だけではなく、費用負担となる保証料や事務手数料といった必要になる手数料を考慮して総返済額で比較することが大切です。
諸費用も安く金利が低いとなるとトータルでかなりお得となることでしょう。

住宅ローンに必要となる書類
一般的な無担保ローンとはことなり用意する書類は多くなります。
必要な書類は、「所得を証明する書類」「住民票謄本」「担保物件に関する資料」といったものが必要になります。詳しくは申し込み先で確認をしておくことをおすすめします。

まとめ
用意できる頭金が少なく、自然と借入額が多くなることは理解できますが、無理な住宅ローンを組んで返済リスクを増大することだけは避けなければなりません。
今現在、安定した収入を得ていて少々、返済額が大きくても構わないと考えていてもこの先、なにがおこるかは分かりません。もし、収入ダウンとなってしまったら大変です。
だからこそ自分の現在の状況をしっかりと把握し、慎重に申し込み先を選ばなければなりません。
住宅ローンを利用になる場合、しっかりとした返済計画を立てておくことが大切ですので、各金融機関に用意されている「住宅ローン返済シミュレーション」をしておくことをおすすめします。
自身で用意できる資金と、住宅ローンの返済額、諸費用を合わせていくらなのかを把握しておく必要があります。

もし、住宅ローンを利用するのなら審査基準は各金融機関によって異なりますので、申し込み先を決めるのに複数の金融機関の情報を探しておきましょう。
※住宅ローンの審査には時間がかかると思っといてください。

最後に、
これから住宅を購入するにあたってローンを利用する方は変動型、固定型、どちらの住宅ローンを選んだほうが、よりお得なのか世の中の経済状況も踏まえて。いま一度、しっかりと考え方を整理して後悔がないようにローンを組む必要があります。
返済面のことを考慮して住宅ローンを選ぶのが上手な借り方ではないでしょうか。

消費者金融 - 各種口コミ比較

期間無利息キャッシング
キャッシングの一定期間、無利息サービス商品をお探しの方へ、初めてご利用の方にも安心してお借り入れできるイチオシのカードローン会社を比較、一覧にまとめて紹介しています!一定期間となりますが、金利が0円で借りれるので短期で借入の場合にピッタリです。ネットからの都合の良い時に申し込みで利用できます。

ご利用限度額で選ぶ
最大限度額が大きい銀行・ローン会社の案件特集ページとなります。融資限度額で消費者金融を選びたい、借り換えローン・おまとめローンをご検討の方にもおススメです!大口の金額を利用することになりますので、低金利で借入ができるメリットがありますが金額が大きい分、審査が厳しくなる傾向があります。

レディースローン
女性の方をを対象とした専門ローンで、レディースローンを担当するスタッフも女性となっており、契約時の受付、電話相談、申し込み審査から融資完結まで女性スタッフが対応してくれるため、初めてお金を借りる不安な女性の方でも安心して借りることができます。金利などの貸付条件は通常のフリーローンと変わらないところが多いです。

低金利で選ぶ
キャッシングを利用するなら低金利がいいのは当然ですよね。でも、実際にどこの商品を選ぶか困りますよね?そんなあなたにピッタリの、銀行〜消費者金融まで低金利で選ぶ借り入れ先をご紹介します!低金利カードローンは、多額の借入をする場合や長期間での借入れをする時、特に効果的に返済額を低く抑えられる事ができます。

サイトのご利用について
契約内容をよくご確認ください。収入と支出のバランスを大切に。無理のない返済計画を。

金融データバンク

キャッシングをする前に

消費者金融一覧表

教育ローン

ビジネスローン

不動産ローン、住宅ローン

各種比較

ランキングサイト

- mono space -